Phantom Peaks - ファントム・ピークス2011/03/01 23:14

北村一光『ファントム・ピークス』角川文庫

突然、北アルプスの麓の街を襲う神隠し。
その正体は何なのか。

ありえないがありそうな話の展開で、はらはらと緊張感が続く。

一気に引き込まれてしまう、面白い本です。
残念なのは、著者がこの一冊で他界してしまったこと。
もっと、沢山の作品を残して欲しかった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://plazadetaro.asablo.jp/blog/2011/03/01/5715171/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。