約束の地はどこだ2011/03/26 08:41

樋口明雄『約束の地』光文社

八ヶ岳、南アルプスの麓に転勤してきた環境省キャリア官僚の葛藤。

野生鳥獣保全管理センター(WLP)を舞台にした野生動物と人間、人間同士の対立と協調の物語。

環境破壊により突然変異した寄生虫。寄生虫に蝕まれてゆく山の主。主を追い続ける老齢猟師。ヒステリックな動物愛護団体。さらに同僚の不審死がからみ犯人探しが始まってゆく。

『男たちの十字架』『光の山脈』に続く南アルプスを舞台にした小説です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://plazadetaro.asablo.jp/blog/2011/03/26/5759128/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。